格安SIM・格安スマホを提供する

現在、格安SIM・格安スマホを提供するだいたいの仮想移動体通信事業者は、ドコモの回線を借り受けたサービス提供の形態です。

そのため、仕様としての通信速度は「最大150Mbps」など、どのMVNOも大差はない状態です。

けれども、通信速度チェックを実際に行ってみると各社によって違う場合があります。

たとえば、ランチタイムなどの利用者が多いタイミングで通信速度をはかると、速度が、1Mbps前後から、20Mbps前後までという差があることも。

いろんな会社も同じドコモの回線を使用しているはずなのに、どうしてこのような大きな差が生まれるのでしょうか。

その理由として通信速度は、「回線帯域の太さ」と「通信設備」に影響されることがあります。

「帯域の太さ」とこの「設備」とは会社によって異なるものです。

実は、スマートフォンに格安SIMを端末にセットしただけでは、インターネット接続できないのです。

これは、スマートフォンでネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。

docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、SIMだけを購入した場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。

格安SIMを使うことができた場合、スマホ料金を安くすることができます。

au等ですと7000円から9000円ほどかかる費用が、仮想移動体通信事業者だと月々数百円という料金プランも。

とりあえず、検討してみてもいいかもしれませんね。

普通は、データ回線がふとければ利用者が増加しても、通信速度は低下せず、ネットワーク設備がキチンとしていれば、安定したデータ通信を行うことが出来るので、アクセスが多い時間帯でも、速度低下は起きにくい、と言われています。

したがって事業者を選定の際には、低価格ということだけでなくきちんとしたサービス品質を提供できる選ぶ際の基準とする必要があることが分かります。

そもそもSIMとは、ドコモではUIMカード、auではauICカード、Softbank MobileではUSIMカードと言われている小型のICカード「SIMカード」のことです。

携帯端末に、ドコモなどのものではなく、格安SIMを入れて使うと、安い料金で使えることがあるため、話題になっているサービスです。

大手キャリアのスマートフォンやネットワーク接続できるタブレットにはSIMロックされているものと、SIMロックがかかっていないタイプのものがある。

docomo、KDDI、Softbankなどの大手キャリアから売られているスマホ類は、SIMカードは他社のカードが使えないロック(SIM)がかかっています。

しかしながら、SIMロック端末であったとしても、ドコモの端末であれば、ドコモの通信回線を借りている仮想移動体通信事業者(MVNO)の格安SIMのサービスを利用することができます。

昨今では、ドコモやauなど大手通信会社自らが提供する格安SIMも登場しています。

格安SIMがよくわからない人や、これだけで使っていけるしっかりとしたサービスがある格安SIMを探している人は、NTTdocomoやauから出ているSIMサービスを選んだ方が良いかもしれません。

安価にデータ通信ができる格安SIM。

月々1000円のものもある格安SIMでは、通常、3GB程度の通信が可能です。

LTE側の通信を使いきると制限がされることがありますが、その状態でも動画再生やアプリダウンロードを除けば、メールの確認やウェブの閲覧等は問題なく出来ます。

iPhoneでも使うことが出来るのでしょうか。

NTTドコモの回線を借りている会社であれば、iPhone(ドコモのもの)を使うことが出来ます。

でも、iPhoneであってもauとソフトバンクのものはなんと使うことが出来ないのです。

そのような方は、SIMフリーのiPhoneを購入するか、SIMのロックがかかっているものを解除をする、または、下駄を使うことになります。

PR:格安SIM かけ放題 無制限

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です