帯域が太ければ一気にアクセスが増加しても大丈夫

スマートフォンや外でも接続できるタブレットには「SIMロック」が施されているものと、SIMロックフリーのものがある。

docomo、KDDI、Softbankなどの大手キャリアが販売しているほとんどの端末は、SIMカードは他社のカードが使えないSIMロックというものが設定されています。

でも、SIMロックがかかっていたとしても、NTTdocomoの場合は、ドコモから回線を借り受けているMVNO(仮想移動体通信事業者)のSIMカードを使うことができます。

格安SIMをiPhoneで使いたい人がいると思います。

docomo回線の事業者であれば、そのままドコモのiPhoneが使えちゃいます。

しかし、softbankやauのものはそのままでは使えません。

その場合は、SIMロックが解除されたiPhoneを買うか、ロックを解除する、または、下駄を使うことになります。

安くデータ通信ができる「格安SIM」。

月々1000円のものもある格安SIMでは、通常、3GB程度の通信が可能です。

高速通信(LTE)側を使い切ると速度制限がかかりますが、そんな状態でも重いデータや動画以外であれば、ウェブサイトの閲覧、メールチェック程度は問題ありません。

最近は大手キャリア自身が提供する格安SIMも出てきています。

格安SIMがよくわからない人や、これだけで使っていけるしっかりとしたサービスがある格安SIMを探している人は、docomoやKDDIが提供している格安SIMを選択するというのもありですね。

今現在、格安SIM、スマホを販売するほとんどの事業者(MVNO)は、ドコモの回線を借り受けたサービス提供の形態です。

したがって、スペック上のデータ通信速度は最大で150Mなど、どのMVNOも大差はない状態です。

でも、実際に速度を比較してみると各社によって違う場合があります。

一例を挙げると昼休みの時間帯に通信速度を測ると、速度が、1Mbps前後から、20Mbps前後までという差があることも。

いろいろな仮想移動体通信業者もNTTドコモのネットワークを利用しているはずなのに、どうしてこのような大きな差が生まれるのでしょうか。

そのわけは、データ通信の速さは、データ回線の太さと通信設備に大きく影響されることがあるためです。

この「回線帯域の太さ」とこの「設備」とは会社によって異なるものです。

格安SIMが使えれば、携帯電話料金を安くできます。

ソフトバンク等だと6000円以上かかる料金が、MVNOだと月々数百円という費用になることも。

ここはひとつ、プランニングしてみても悪くないのではないでしょうか。

一般に、帯域が太ければ一気にアクセスが増加しても、ネットワークの速度低下は発生せず、設備にきちんと投資をしていれば、データを素早く処理できるためアクセスが多い時間帯でも、速度低下は起きにくい、と言われています。

以上のことから会社を選ぶ際は、料金だけでなく回線や設備の品質も含めてMVNOを選択した方が良いことが分かります。

今あるスマホにSIMカードをいれただけでは、ネットワークに接続できません。

それは、端末側で携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。

キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、格安SIMを後から購入した場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。

そもそもSIMとは、ドコモではUIMカード、KDDI(au)ではauICカード、ソフトバンクモバイルでは、USIMカードと呼ばれている小さいICカード(SIMカード)のことです。

スマホなどに、大手携帯会社のものではなく、格安SIMを入れて使うと、携帯電話料金を抑えることができるので、話題になっているサービスです。

PRサイト:xperiaを格安SIMでテザリングする方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です