健康をサポートしてくれるサプリと言えば

様々な食品に「葉酸」は含まれていますよね。

果物では、イチゴが有名です。

あまり耳馴染みが無いかもしれませんが、ライチも葉酸の含有量が多いと一般的に言われています。

あるいは、柿やキウイフルーツ、アセロラもそうですし、柑橘類も葉酸が豊富な事で有名です。

葉酸の摂取の負担を少なくしたいとお考えの場合は、ジュースになったオレンジを飲むなどして葉酸を補ってもおススメです。

妊娠を希望する女性や、妊娠中の女性の健康をサポートしてくれるサプリと言えば、ピジョンが発売している葉酸サプリです。

こちらの会社が販売している葉酸サプリには幾つかの種類があります。

葉酸だけを配合したサプリもありますが、ほとんどの葉酸サプリにカルシウム・鉄分・ビタミンなど、妊娠期間中に欠乏しやすい成分が一錠にまとめて詰め込まれています。

この葉酸サプリであれば、様々なサプリを複数飲む必要が無いため、手軽にすべての栄養素を賄えるので、おススメです。

また、面倒な摂取量の計算も必要なくなるため便利です。

ピジョンの葉酸サプリは、葉酸以外に含有した成分に特徴があるので、ご自身の生活や状況に照らし合わせ、不足しやすい栄養素を補給できるサプリを選択するとより効果が高いです。

妊娠初期(妊娠前1ヶ月~妊娠3ヶ月ごろ)の妊婦さんにとって、葉酸が大切な働きをすることを知っていますか。

胎内で元気な赤ちゃんを健やかに育てるために、葉酸サプリメントで補いながら、日々の生活に葉酸を取り入れることをお勧めします。

さて、厚生労働省による理想的な一日の摂取量ですが、一日に0.4mgを摂取する必要があるみたいですね。

葉酸は野菜に多く含まれた成分ですが、食事だけで十分かというとあまり現実的ではありません。

ですからサプリを活用してみるのが良いと思います。

実は、妊娠を計画している女性に向けて、厚生労働省から、葉酸の摂取を推奨する勧告が出されています。

細胞分裂が行われる、妊娠初期に葉酸が不足してしまうと、細胞分裂が正常に行われず、胎児に神経管閉鎖障害などの先天異常があらわれるリスクが増加するという報告があるのです。

もちろん、葉酸を摂取したら確実に発症を回避できるのかと言うとそうではありません。

ですが、可能な限りそのリスクを低減するために、妊活中から妊娠3か月の期間、普通の食生活で賄われる葉酸にプラスして、サプリや栄養補助食品を利用しながら、1日に400μg(0.4mg)を理想とした葉酸摂取を行うと良いでしょう。

葉酸はあなたも知っての通り、妊娠を希望する方や妊娠中の女性にとって不可欠な栄養素です。

ですが、妊娠中には葉酸以外にも様々な栄養素が不足しがちです。

また、葉酸には単体で摂取しても吸収率が悪いという特徴があります。

ですから、サプリによる葉酸摂取を考えている方は、ビタミンやミネラルといった、妊娠初期に欠乏しやすい栄養素を25種類ほど配合したサプリを選べば、必要な栄養素をきちんと補うことが出来ますし、成分が最大限有効に働いてくれるという訳です。

こうした総合サプリの摂取は、妊娠中に女性が飲むもののように思いますが、決してそんなことはありません。

妊娠に不可欠な栄養素を補う事で、体も妊娠に適した体へと変化していきます。

ですので「まだ妊娠はしていなけれど、もうそろそろ授かりたい」とお考えの妊活中の方も摂取をオススメします。

葉酸の摂取によって胎児の先天性異常の発症が抑えられる可能性があります。

葉酸の摂取方法としては、厚生労働省が推奨するように妊娠前から妊娠初期にかけて、サプリメントによる葉酸摂取が適切な摂取方法だと言えます。

では、葉酸サプリはいつ飲むのが効率的なのかというと、食事の後、30分以内にサプリを飲むようにするのが良いでしょう。

通常の食事で摂取できる栄養素と、サプリによる補給が相互的に作用し合い、葉酸の働きが活性化します。

反対に、胃が空っぽの空腹時に葉酸サプリを摂取してしまいますと、食欲不振や吐き気といった、胃の不調が出ることもありますので、避けた方が無難です。

妊娠が分かってから葉酸の摂取を心がけたという方も多いと思います。

普段の食生活で賄うために、葉酸を多く含む代表的な食品である、ほうれん草や貝類、レバーといった食品を、積極的に食べているという方も少なくないですよね。

ところが、葉酸は加熱すると溶け出してしまう性質を持っています。

そのため加熱調理してしまうと、葉酸が流れ出して無くなっていることもあるため、一日の葉酸の摂取量を、食材から計算したとしても、十分に摂取できていないかもしれませんから、注意してください。

葉酸とは野菜などに含まれているビタミンBのひとつで、ほうれん草やブロッコリーに多く含有する栄養素として知られています。

妊娠前から妊娠3ヶ月ごろまでの妊婦さんにとって、特に摂取を心がけてほしい栄養素で、流産や赤ちゃんの先天異常といったリスクを避けることが出来るという報告があるのです。

具体的な一日の葉酸の摂取量ですが、厚生労働省によると、妊娠の初期の段階で1日当たり400μgの葉酸摂取が理想的とされているようです。

食材だけで摂取することが難しいと考える方は、葉酸サプリで摂取するのも問題ありません。

赤ちゃんはおなかの中で細胞分裂を繰り返しながら成長するのですが、この時の成長をサポートするのが葉酸なのです。

葉酸は食品に含まれているほか、葉酸のみを抽出したサプリ等も販売されています。

ですが、この葉酸は単体では吸収率が低下するという特徴があるために、総合サプリメントを選ぶと良いでしょう。

総合サプリメントは大変利便性が高いサプリですが、妊婦にとって一体どの成分に注目すればよいのか分からないですよね。

そうした場合、大手メーカーの粉ミルクの成分表を見て、総合サプリを選ぶようにすれば間違いないと思います。

今現在、妊娠を考えている、あるいは計画しているといった方や、妊娠初期の女性は普段の食生活以外に、葉酸を補給することを厚生労働省が勧めており、各産婦人科やクリニックでも、そうした指導がされるようになっています。

葉酸の適切な摂取は、胎児の先天的な障害(神経管閉鎖障害など)の発症リスクを減らしてくれる為です。

葉酸は食品からの摂取以外にも、サプリメントを利用する事も出来ます。

その場合には赤ちゃんに悪影響が無いように、無添加の葉酸サプリメントを見極めることも大切なポイントだと言えますね。

参考にしたサイト>>>>>子供用サプリ カルシウム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です