ビタミンB群に属する葉酸は水溶性

ビタミンの一種である葉酸は、妊婦が摂取することで胎児の先天性神経管異常の発症リスクが減少することが判明しました。

そのため、母胎のことを考えた葉酸の摂取を厚生省が推奨しているんです。

今では葉酸サプリに代表される補助食品のうち、いくつかは特定保健用食品指定のものがあります。

こうした食品は妊婦に特に利用されているといったことも多いです。

妊娠前から妊娠初期の摂取が最も大切だと言われる葉酸ですが、どれだけ大切な栄養素でも、摂取量に気を付けてください。

特にサプリで葉酸摂取をしている方にお伝えしたいのですが、サプリによる葉酸の体内吸収率が非常に高く、普段の食事で摂取できる葉酸に比べて、遥かに多くの葉酸が配合されています。

ですから葉酸の過剰摂取にならないよう、サプリでの摂取は、定められた用法を守るようにしましょう。

葉酸が過剰に体に蓄積されることで、母体には吐き気や食欲不振といった副作用があらわれることがあるそうです。

胎児への影響としては、喘息にかかりやすくなるというケースもあるようです。

妊活中には、何気なく口にしているお茶の成分も気になりますね。

妊活中の女性がよく飲んでいるお茶の中でも、ルイボスティーやタンポポ茶を飲んでいる方が多いようです。

あまり馴染みのないお茶かもしれませんが、これらのお茶はカフェインゼロですから、いつ赤ちゃんを授かっても不思議ではない女性にも、赤ちゃんにとっても優しいお茶で、妊活中に飲むのにぴったりだと言えますね。

ルイボスティーの常飲は、貧血予防になるという話ですから、妊娠が分かってからも、積極的に摂取したいお茶だという事ですね。

ビタミンBの一種である葉酸は、色々な食べ物に含有しています。

例えば、フルーツの中では、イチゴ、ライチに多いことが有名です。

または、柿やキウイフルーツ、アセロラもそうですし、あるいは柑橘類も葉酸を多く含有しています。

ですので、葉酸を手軽に摂取しようと考えるならば、ジュースになったオレンジを飲むなどして葉酸を補っても良いですね。

不妊体質とストレス。

この二つは密接に関わっています。

ストレスは生殖ホルモンの分泌を撹乱し、不妊につながる冷えや血行不順、排卵障害などを招きます。

ときには友人や家族の励ましや、過度な緊張感が不妊治療中のストレスとなることもあり、一度、負のサイクルに陥ると気苦労ばかりで、良いことはありません。

神経質にならないよう周囲や本人が気分転換することが、大切です。

胎児が先天性障害を発症するリスクを低減するために大切な葉酸ですが、普段の食事だけでは不十分になりがちです。

ですから葉酸が不足しがちな妊娠前から妊娠初期は、サプリメントでの葉酸摂取が良いでしょう。

効率的な摂取のタイミングは、食後の30分のうちに摂取するのが良いと言えます。

なぜかと言うと通常に食事によって摂取した栄養素との相互作用が働くことで、葉酸の働きが活性化します。

逆に、胃に何も入っていない状態で摂取すると、葉酸が効率的に働かないだけでなく、食欲不振や吐き気などの、胃の不快症状を訴える方もいるので、空腹時での摂取はおススメしません。

友人は彼女が妊活をしている時に薬のようなものを飲んでいたので、「妊活中に薬を飲んでもいいの?」と聞くと「漢方だよ」と教えてくれました。

その子によると、冷え性や虚弱体質といった体質を改善し、妊娠しやすい体にするために漢方を飲んでいたそうです。

漢方であれば、妊娠中でも安心感があると思います。

彼女が飲んでいた漢方が効いたのか、赤ちゃんを授かりました。

ずっと頑張っていたので、本当に嬉しいです。

妊娠における体の変化や胎児の健やかな発育をサポートする栄養素として、最近では葉酸摂取による効果が認められるようになってきました。

ビタミンB群に属する葉酸は水溶性で、定期的な摂取の結果、神経系障害といった先天的な障害の発症リスクが低減されたという報告があるのです。

厚生労働省の発表によりますと、一日0.4mgを摂るように通知が出されています。

胎児が健康的に成長するためにも、妊娠している女性はもちろんですが、今妊娠を希望されている方であっても、積極的に葉酸を摂るよう、意識してみましょう。

妊活中の女性にお薦めしたい食べ物には、おとうふや納豆、魚などがあります。

鶏卵・ごま・レバーに、珍しいところでブロッコリーなども母体作りに必要な栄養が豊富に含まれますから、日常の食事に積極的に取り入れたいものです。

全体的にはバランスよく様々な食品群の中から栄養を摂ることが理想的です。

また、体を冷やすという食べ物は妊娠を妨げるものが多いので、避けたほうが無難です。

友達のところもそうですが、うちも二人目不妊でクリニックに通い始めました。

できれば夫婦そろって病院で診てもらいたかったものの、話を切り出しづらくて、私だけでタイミング療法を実施している病院に行きました。

料金は1回2800円で安価でしたが、それでも妊娠に至らず、不妊を改善するという葉酸のサプリメントも取り入れました。

私はラッキーだったのか、それからしばらくしたら、下の子を授かりました。

あわせて読むとおすすめ>>>>>少食と偏食は3歳の特権

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です