格安のSIMを売っているほとんどの事業者

今なら、docomoやKDDIなども格安SIMの提供を開始しています。

安いサービスはちょっと心配という方や、これのみで使っていくためにきちんとしたサービスを提供できる格安SIMを探している方は、docomoやKDDIが提供しているSIMサービスを選んだ方が良いかもしれません。

キャリアから購入したスマホや外でも接続できるタブレットには他のキャリアで使えないSIMロックされたものと、ロックがかかっていないSIMフリーのものがある。

ドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアが販売しているほとんどの端末は、SIMを他社のものが使えないSIMにロックがかかっているのです。

しかし端末にSIMロックがかかっていても、docomoの端末の場合は、ドコモの回線を借りている事業者のSIMを利用することができます。

通常、帯域がしっかりしていればユーザーが一気に増えたとしても、速度低下に陥ることがなく、設備にきちんと投資をしていれば、安定したデータ通信を行うことが出来るので、利用ユーザーが多く、回線が込み合っている場合でもスムーズです。

よって、仮想移動体通信事業者を選択する際は、低価格ということだけでなくサービス品質も考慮して選ぶ際の基準とする必要があることが分かります。

iPhoneで格安SIMは使えるのでしょうか。

ドコモ回線を借り受けているMVNOであれば、iPhone(ドコモのもの)を使うことが出来ます。

でも、ソフトバンクとauのものはそのままでは使えません。

それでも使いたい場合は、SIMフリーのiPhoneを購入するか、ロックを解除する、アダプター(下駄)を使うことになります。

格安でデータ通信が利用できる「格安SIM」。

1000円前後の月額というものもある格安SIMでは、通常、3GB程度の通信が可能です。

LTEの通信を使った後は通信速度が低減しますが、音楽や動画などの容量の大きい通信でなければ、インターネットやメールは問題なくできます。

実は、スマートフォンに格安SIMを端末にセットしただけでは、ネットワークに接続できません。

これは、スマートフォンでネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。

docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、格安SIMを後から購入した場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。

格安のSIMを売っているほとんどの事業者(MVNO)は、NTTドコモからネットワーク回線を借り受けてサービスを提供しています。

そのため、カタログスペック上のデータ通信速度は最大で150Mなど、どのMVNOも大差はない状態です。

とはいえ、速度を実際に計ってみると提供元によって違うことがあることに気づきます。

一例を挙げるとアクセスの多いランチタイムなどに測ってみると、ダウンロード速度が1.1Mbpsから18.2Mbpsまで大きな差がありました。

どの事業者もNTTドコモのネットワークを利用しているはずなのに、大きな違いで出る理由はどこにあるのでしょうか。

そのわけは、データ通信の速さは、通信回線の帯域の太さと通信の設備に影響されるからです。

「回線の帯域の太さ」と「通信設備」は各社によって違ってくるものです。

あなたが格安SIMに切り替えれば、スマホ料金を安くすることができます。

通常だと6000円から9000円程度かかる通信費ですが、MVNOだと月々数百円という費用になることも。

一度、考えてみても悪くないのではないでしょうか。

そもそもSIMとは、NTTdocomoでは、UIMカードKDDIでは、auICカード、ソフトバンクでは「USIMカード」という名称のIC型のカードのことです。

スマホ、タブレットに、大手キャリアのものではなく、格安SIMのカードを入れて使うと、より安い料金で使えることが多いため、話題になっているサービスです。

購入はこちら⇒格安SIMと家族シェアについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です