大手キャリアのものではなく、MVNOのSIMカードを入れて使う

iPhoneでも使うことが出来るのでしょうか。

NTTドコモの回線を借りている会社であれば、NTTドコモのiPhoneがそのまま利用できます。

でも、iPhoneであってもauとソフトバンクのものはそのまま利用することはできません。

その場合は、SIMロックがかかっていないiPhoneを買ってくるか、SIMのロックがかかっているものを解除をする、または、下駄を使うことになります。

今あるスマホに格安SIMを端末にセットしただけでは、使うことはできないのです。

理由はスマホで携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。

大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、格安SIMの場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。

ドコモや最近はauなどもとうとう格安SIMの提供を始めています。

格安SIMはちょっと不安という方や、ベースとして使って行けるきちんとしたサービスを提供できる格安SIMを探している方は、大手キャリアが提供している格安SIMを選んだほうがよいかもしれません。

今、格安SIMを販売しているたくさんある仮想移動体通信事業者いわゆるMVNOは、NTTdocomoの回線ネットワークを借りています。

そのため、サービスのスペックとしてのデータ通信速度は最大で150Mなど、何処でも大きな違いはない状態です。

でも、実際に速度を比較してみると会社によって違うことが分かります。

例えば、アクセスの多いランチタイムなどに測ってみると、速度が、1Mbps前後から、20Mbps前後までという差があることも。

どの事業者も同一のドコモ回線を使っているのにこの差はどうして生まれてしまうのでしょうか。

なぜかというと通信の速度は、「回線帯域の太さ」と設備のところに影響を受けるということがあります。

この「回線帯域の太さ」と「通信設備」は会社によって異なるものです。

SIMカードとは、docomoでは、UIMカードKDDIでは、auICカード、softbankではUSIMカードと言われているIC型のカードのことです。

携帯電話に、大手キャリアのものではなく、MVNOのSIMカードを入れて使うと、安い料金で使えることがあるため、話題になっているサービスです。

スマートフォンやネットワーク接続できるタブレットにはいわゆるSIMロック版のものと、SIMロックがかかっていないタイプのものがある。

Softbank、au、ドコモなどのキャリアが販売しているスマホやタブレットは、他の会社のSIMは使えないSIMロックというものが設定されています。

でも、SIMロックがかかっていたとしても、docomoの端末の場合は、docomoのネットワーク回線を利用しているMVNOの格安SIMを利用することができます。

あなたが格安SIMに切り替えれば、携帯代の削減ができます。

通常だと6000円以上かかる料金が、格安のSIMを使うと月額1000円以下ということも。

とりあえず、見直しを考えてみても良いと思います。

普通は、データ回線がふとければアクセスが増えたとしても、速度低下に陥ることがなく、設備投資がしっかりしていれば、安定したデータ処理ができるので利用ユーザーが多く、回線が込み合っている場合でもスムーズです。

以上のことから会社を選ぶ際は、値段だけでなくサービス品質も考慮して事業者を選択する必要があることが分かります。

低価格でデータ通信できる格安SIM。

月々1000円のものもある格安SIMでは、おおむね月に2GBから3GB利用できます。

LTEを使い切った後は通信速度が制限されますが、そんな状態でも重いデータや動画以外であれば、ウェブサイトの閲覧、メールチェック程度は問題ありません。

こちらもどうぞ>>>>>格安SIMがおすすめの理由。通話もOK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です