格安SIMはちょっと不安

データ通信が安くできる格安SIM。

月々1000円のものもある格安SIMでは、2GBから3GB程度のデータ量が使えます。

高速通信を使いきると、通信速度は遅くなりますが、そのような状況でも、動画や重いアプリのダウンロード以外は、メールの確認やウェブの閲覧等は問題なく出来ます。

昨今では、ドコモやauなど大手通信会社自らが提供する格安SIMも登場しています。

格安SIMはちょっと不安という方や、これのみで使っていくためにサービスがしっかりとした格安SIMが欲しい方は、docomoやKDDIが提供している格安SIMを選択するというのもありですね。

今現在、格安SIM、スマホを販売するほとんどの事業者(MVNO)は、docomoのネットワーク回線を借りてサービスを提供しています。

よって、製品スペック上の速度は最大でも150M程度など、どの会社でも大きな差異はない状況です。

けれども、通信速度チェックを実際に行ってみるとMVNOによって大きく異なるんです。

例えば、通信速度を昼休みなどのアクセスが多い時間に測ると、そのダウンロード速度は、1Mbpsから20Mbpsという大きな差が出ることも。

多くのサービス提供元もNTTドコモのネットワークを利用しているはずなのに、大きな違いで出る理由はどこにあるのでしょうか。

そのわけは、データ通信の速さは、通信回線の帯域の太さと通信の設備に影響されるからです。

この「回線帯域の太さ」と「設備の品質」とは各社によって違ってくるものです。

一般的には帯域が太い場合には、ユーザーが一気に増えたとしても、速度低下に陥ることがなく、しっかりとした設備であれば、安定したデータ処理ができるのでユーザーが増えた場合においても、速度の低下はあまり発生しません。

以上のことから会社を選ぶ際は、値段だけでなくサービス品質も考慮してサービスを選定する必要があることが分かります。

管理人のお世話になってるサイト⇒マイネオにMNPをするとスマホ代が安くなる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です