妊娠初期の妊婦が食事で摂取できる葉酸の値とは?

一度目の妊娠の時、流産してしまいました。

とても悲しくて、しばらく子供のことは考えられなかったのですが、しばらく経ってから、また妊娠について前向きに考えられるようになり、妊娠に向けて、準備を始めるようになりました。

妊娠に適した体になるように、冷え性を治そうと運動を始めてみました。

大変な時もありましたが、新陳代謝が上がったために、基礎体温が高くなったので、冷え性を治すことが出来ました。

自分の体が改善されたことを実感できて、ますます妊活を頑張ろうと思いました。

妊娠する可能性がある方や、妊娠初期の妊婦さんは食事で摂取できる葉酸の値を意識してみてください。

通常の食事での摂取とは別に、葉酸を補給することを厚生労働省が通知を出しています。

葉酸は様々な食材に含まれている栄養素ですが、理想的に摂取することによって、神経管閉鎖障害などの先天的な障害が発症しにくくなるからです。

もちろん、サプリメントで補給するという手もありますが、その時は添加物による胎児への影響を考えてみると、不自然なものは摂取しない方が良いでしょう。

ですから無添加で天然素材の葉酸サプリメントを選択する事を忘れないようにしてください。

皆さんは普段サプリを利用していますか?サプリは不足しやすい栄養素を手軽に補給できるという利点があります。

妊活中の方をサポートし、体調を整える働きが望めるものは様々にありますが、葉酸が配合されたものが、一番のお勧めです。

ビタミンの一種である葉酸には、貧血を予防してくれる効果が認められていますし、胎児が先天的異常を発症するリスクを低減します。

ほかにも、あまり知られていませんが、男性の精子の染色体異常を軽減してくれる効果があります。

ですから、夫婦どちらに対しても多くの効果が見込めるサプリだという事です。

一般的に不妊治療は費用もかさみますし、タイムリミットを考えると精神的にもつらいものです。

自治体の助成金制度を利用しても、40歳の年齢を境目に給付回数に制限がつく例が多いのが実情です。

私は40歳以上の人こそ支給回数を減らすのはナンセンスだと感じます。

私だって来年には四十になるので、体力と時間とお金のことばかり考えて、疲れきっています。

妊娠を希望する女性や、妊娠中の女性の健康をサポートしてくれるサプリと言えば、ピジョンが出している葉酸サプリが一番おススメですね。

こちらの会社が販売している葉酸サプリには数種類の葉酸サプリが売られていますが、葉酸だけが入っている製品は少ないですが、そのかわりに鉄分やカルシウム、ビタミンといった、妊婦にとって不足しがちなすべての栄養素がまとめられています。

これを利用すれば、いちいち複数のサプリを服用しなくても良くなりますし、楽に栄養が摂れるので嬉しいですね。

ご自身の食生活や状況に合わせて、不足しがちな成分が含有したサプリを選んでください。

葉酸も、摂りすぎてしまうと副作用が出てしまいます。

例えば寝つきが悪くなったり早くに目が覚めてしまうといった不眠症の症状や、食欲不振や吐き気などの内臓疾患、あるいはむくみなどです。

妊娠初期というのは体もデリケートになりますし、神経質になりがちです。

そのため葉酸を摂りすぎる場合がありますので、注意するようにしましょう。

もちろん、葉酸は食事で摂取できるのが一番なのですが、サプリメントであれば、一日の摂取量の目安がついてすぐに分かりますから、食事を気にする事無く、一日分の葉酸を摂取できますから大変便利だと思います。

葉酸を多く含む食べ物ですが、フルーツの中では、イチゴやライチに含有量が多いと紹介されています。

または、アセロラやキウイフルーツ、意外なところでは柿にも葉酸は多く含まれています。

または、かんきつ類も葉酸が豊富な果物に当たります。

ですので、葉酸を手軽に摂取しようと考えるならば、ジュースになったオレンジを飲むなどして葉酸を補っても良い方法だと言えますね。

近年、妊婦にとって不可欠な栄養素として注目されている葉酸や、女性が妊娠するために不可欠な成分である鉄分は、得てして不足しやすいという特徴があります。

普通の食生活で推定される摂取量では、十分な摂取が出来ない方が多いと言われていますから、サプリで補給するのが簡単でしょう。

葉酸と鉄分、どちらも入ったサプリも売っていますから、サプリの中でもこのようなものをチョイスすれば、適切な摂取量を簡単に摂ることが出来ます。

胎児の健やかな成長に欠かせない栄養素である葉酸ですが、簡単に摂取する方法として、サプリを利用するのが、最もポピュラーですね。

しかし、葉酸が胎児と母体の健康をサポートする栄養素であることを踏まえると、一体いつから飲めば良いのかと、疑問に感じる方も多いでしょう。

一般的には「妊娠前から授乳期の終わり」までだと言われていますよね。

葉酸が最も不足しがちなのは、「妊娠初期の3ヵ月間」ではありますが、母体にとっても重要な役割を果たしているのです。

ですので、妊娠を希望している段階で葉酸を十分に摂取し、赤ちゃんへの授乳が終わるまでをサプリによる葉酸の補給期間とすることが、最も適切だと考えられます。

赤ちゃんを授かっている時はもちろん、妊活期間から十分な摂取が求められる葉酸なのですが、普段の生活を送っていると、摂取が不十分になってしまう、などの困りごとが良くあると思います。

このような場合、使ってみると良いのが葉酸サプリを飲む事なんです。

サプリであれば、手間なく葉酸を摂取できますから、食事での葉酸摂取に不安がある方も大丈夫なんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です